ソースコードをblogに貼る方法

注意:このページはseesaaを使っていたころに書いたもの。wordpress.comではwordpress側でSyntaxHighlighterを取り込んでいる。helpのposting source codeに詳しい記述方法が書いてある。seesaaから移行したページは昔のままの記述なので、手動で修正しなければ。

最近良く拝見するC#系blogでは SyntaxHighlighterを使ってソースコードを表示している。
これは行数カウントも付けてくれるし、ソースコードダウンロード、生のコードの表示、プリントなどの機能がある。特に、ソースコードが大量になればこれが便利かもしれない。
今、さしあたり必要な機能は、wikiで言うと行頭の1文字を空白にしておくときのイメージ。インデントと改行が保存され枠の中で表示されることが最も重要。キーワードがちょっと目立てばいい。というわけでsyntaxhighlighterより機能が少なくてもよい。
もう少し軽めのスクリプトして、Google code上のプロジェクトでgoogle-code-prettifyを見つけた。
両方とも作りは似ていて、スタイルシートと.jsでソースコードだけのスタイルとキーワードのハイライト処理をする。
ここでは、C#の勉強をするためのC#のソースコードが多くなるはずだが、両方とも最近はやりのいろいろな言語に対応しているので、万が一、pythonやrubyを先に使い始めても大丈夫。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。