[Windows] Windows7のコマンドを使ったシステム管理

しばらく前に Windows Secretのウェブサイト上にWoody Leonhard の「windowsに新たにソフトウェアをインストールする必要がない」というpart1からpart3までの記事が掲載された。いろんな言い分がある話なのでフォーラムがかなり盛り上がった。著者はわざと論争を巻き起こすねらいをもって書いていたようだ。

しかし、内容は割とまともで、一般ユーザ向けの用途なら、Windows 7の機能で十分なものが多いので、フリーか有償かにかかわらず不要なソフトウェアをインストールするべきでないというの考え方が基本になっている。

ここで上がっていたのは以下のもの。()内がWindows7に含まれるもの。レジストリクリーナーやフリーのアンチウィルスソフトウェアは以前のメルマガや著書ではおすすめされていた。これらはWindows7や、マイクロソフトの最近のリリースで改善されたのでそれを使えばいい、という方針に転換した、ということ。

  • アンチウィルス (Windows Security Essential)
  •  デフラグ  (Windowsのdefrag)
  • バックアップ (Windowsのbackup)
  • レジストリクリーナー (不要)
  •  ディスクパーティション (Windowsのpartition manager)
  •  ファイアウォール (Windows firewall)   Windows Firewallはinboundファイアウォールだがそれで十分
  • 検索 (Windows 7の検索)  やっと良くなった
  •  各種ハッキングアドバイス ( serviceを止める、とか、Windows7ではやらないほうがいい)
  • Windowsのアップグレード (Home premiumで十分)
  • Windows Server を立てる (Office 365で間に合うケースが多い)

Windowsのパーティション管理に行くには
コントロールパネル -> システムとセキュリティ -> 管理ツール -> コンピュータ管理をダブルクック -> 左パネル -> 記憶域の下のディスクの管理

実行するコマンドは Windows\system32\compmgmt.msc

一方で、officeの代替品は完全な互換性がないという理由からフリーなソフトウェア(OpenOfficeなど)を推薦はしていない。

原文は以下から読める。

Don’t pay for software you don’t need — Part 1
http://windowssecrets.com/top-story/dont-pay-for-software-you-dont-need-part-1/

Don’t pay for software you don’t need — Part 2
http://windowssecrets.com/top-story/dont-pay-for-software-you-dont-need-part-2/

Don’t pay for software you don’t need — Part 3
http://windowssecrets.com/top-story/dont-pay-for-software-you-dont-need-part-3/

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。