[WiX] MSIのダイアログとBundle

WiX のバージョンアップでbundle機能が実装されたので、既存のmsiをbundleで一つにまとめようとしてみた。

一つのBootstrapperにまとめることは簡単にできた。実行してみたところ、カスタムアクションのUI(インストールキーを入力する)のところで止まってしまう。もともとのbundleの発想は必要なことを全部bootstrapperで済ませてしまい、あとは、msiで一気に入れてしまう、というものなので途中でmsiがいろいろと変な動きをするとまずいようだ。おそらく、msiの方にもある程度の成約があるのだろう。

WiXのメーリングリストでMSIのUIについてのやりとりがあった。UI部分まで自分で作ってカスタムアクション化したいという質問者に対して、UIはMSIにまかせてCAが値を受け取るようにするべき、というんがMSIの考え方。さらに、UIが必要ならインストーラーに組み込まず、アプリケーションソフトウェアの最初の実行のときに入力するべきなのではないか、というアドバイスもある。

WiX-usersのスレッドは以下。

http://sourceforge.net/mailarchive/forum.php?thread_name=sig.3569dad801.sig.75694a414c.39D462F8680442E080F635D186408302%40PhilPC&forum_name=wix-users

作っていたアプリケーションソフトウェアではWiXのチュートリアルを見ながら作ったカスタムアクションでインストールキーを入れるようにして、アプリケーションではキーがあるかどうかを確認している。カスタムアクションの作成にもそれなりの工数がかかることを考えると、インストール時に入力させず初回の実行時にいろいろやるというのは良い案かもしれない。カスタムアクションのデバッグはなかなかやっかいなので、それをしなくていいというのも全体の工数削減に貢献する可能性がある。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。