[Windows] ネットワークプロパティの変更

Windows 7では、タスクバー右下のアイコンを右クリックして「ネットワークと共有センター」に行くことができる。
ケーブルが刺さっているときにはインターネット接続がアクティブになっており、アクティブな接続の「ローカルエリア接続」から、状態のダイアログに入る。

ケーブルがないとき、ネットワークと共有センターでは「ローカルエリア接続」のリンクが表示されない。ケーブルが刺さっていないときに、いつも迷うのでメモとして保存しておく。

「共有センター」の画面の左ペインにある「アダプターの設定の変更」から、ローカルのアダプターを表示させ、右クリックでプロパティを開く、という経路。

ネットワークと共有センター

勤務先ではタスクバーから行くのが定着していて、「ケーブルが刺さってないと面倒ですよね。いったんさしてください。」と適当なケーブルをさして変更だけしていた人が自分を含めて多かった。

常にこちら側を使うようにしておけばトラブル時にあわてなくてすむかもしれない。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。