[VBA] outlookカレンダーに会社休業日を追加する

年明けから、勤務先のoutlook2010の予定表に休日データが出なくなった。
机上には紙のカレンダーもあるけど、予定表に表示されないのは不便。

休日データの最新版を読み込めていないのではと思い、outlook 2010のホームタブからオプション-予定表と移動して「休日の追加」をやってみた。

「日本の休日はすでにインストールされています。再インストールしますか?」とダイアログが表示される。Yesと応答すると上書きコピーされて表示が追加される。すでに表示されている状態で再インストールしてみると何度でも書くことができるようで、同じ休日が重複する。ビューを分類別に変更して祝日が何年まであるのか確認してみたら、平成40年(2028年)まで設定されていた。

理想的にはこれに会社休日を追加したい。会社の休業日は盆と正月など年に何日もない休日だし、性質上とびとびに設定されている。来年以降も(会社が存在すれば^^)繰り返して使うものだからスクリプトを作っておけば楽だ。そのようなスクリプトがないのか探したところ、technetのOffice Space Tips and Tricksのコラムにoutlookに休日のリストを追加するというスクリプトがある。これをいただいて勤務先の2013年版に変更して設定できた。

Office Space: Tips and Tricks for Scripting Microsoft Office Applications
Office Space: Microsoft Outlook に休日の一覧を追加する

このコラムは説明がしっかりしているので理解が進む。翻訳は日本語として読めるレベルなのでMicrsoftの機械翻訳ではないようだ。

wordpress.comのblog outlook研究所では、古いoutlookに日本の休日を追加するスクリプトを掲載している。Outlook の予定表に 2013 年以降の祝日を追加するスクリプト ハッピーマンデーの自動計算という日本人には便利な機能も入っている。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。